レビトラのジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品があり、世界中の製薬メーカーが製造したり販売

レビトラとは勃起不全に対する効能効果を持ちます / ジェネリック医薬品があり、世界中の製薬メーカーが製造したり販売 / 効き目や副作用は先発品と一切変わらず価格的には安い

ところが一方で、では未来永劫にわたって特許というか独占を認めるのかという問題があります。
いくら素晴らしい発明や発見も、言ってしまえば人類全体の財産だという考えもあるわけで、あまりにも長い間にわたって一つの会社の独占を許してはそれもまた社会全体のためになりません。
あの会社はたまたま一山当てることができただけなのに、いつまでもあくどく儲けすぎているということにもなるわけです。
そういうわけで、特許には期間があって、細かい決まりを言えばかなり複雑ではあるのですが、概ね15年から20年程度も経過すれば、他の製薬メーカーも同じ有効成分の入った薬を自由に発売して良いと決められています。
これが後発品というかジェネリック医薬品であり、先にも書いたとおり、化学的には同じ成分を合成することは医薬品の開発全体にかかる莫大な費用と比較すると極小で済みますので、結果を言えば非常に安く作ることができるのが大きなメリットです。
もちろん、それは最終的にはその薬を使う世の中の患者さんのためにもなっており、確かに人類全体の財産だということにもなっています。
他の数多くの医薬品と同じように、レビトラにもジェネリック医薬品があり、世界中の製薬メーカーが製造したり販売したりしています。
日本でも同じことが当てはまります。